総額なんと2億円超!世界初の自動追尾型ドローン「AIRDOG」

 

産業用において目覚ましい発展を続けているドローン。スポーツ向けをメインに開発されたのは世界初の自動追尾型ドローンは2億円を超える資金の調達に成功した。

Pocket

総額なんと2億円超!世界初の自動追尾型ドローン「AIRDOG」

Related Post

大手クラウドファンディングサイト「crowdfunder」に、いま話題のドローンを開発する「Helico Aerospace Industries」という会社のプロジェクトがある。

資金調達の総額は2億円超

今回の「AIRDOG」開発のプロジェクトであるが、開発費などとして集めた総額はなんと$1,700,000!
日本円にして約2億1000万円にものぼる。

世界初、自動追尾型ドローンを開発

このプロジェクトの会社が開発しているのは「AIRDOG」という名のドローンで、 世界初の自動追尾に特化したドローンである。
開発に携わるのは、20名以上に及ぶ航空エンジニアや組み込みシステムエンジニア、ソフトウェアエンジニアなどの専門家である。

この「AIRDOG」は、既にEngadgetなどにおいていくつかの賞を受賞しており、ユーザーからの期待と人気の高さが伺える。

ドローンを操作するのは手元のウエアラブル端末

この自動追尾型ドローンの用途は主にスポーツ向けで、GPSを搭載したウエアラブル端末を携帯することにより、ドローンが自動追尾しながら搭載しているカメラでターゲットを撮り続けてくれるというものだ。

また、スマートフォンアプリから撮影アングルや、距離を簡単に指定できる。
最高速度は時速70kmで、飛行時間は約15分。ジャンプなどの不規則な動きも軌道を予測して追尾する機能があるという。

大きな特徴として、機体や羽が折りたたみ式となっていて、持ち運びやすい構造となっている。
その他には、墜落防止のオート帰還、信号切断時の着陸場所の指定などができる。

 

 

現在「AIRDOG」サイトからは購入予約ができるようになっている。

airdog.com

 

 

Pocket

Posted in Crowd Funding