4億円を集めた猫耳ヘッドホン「Axent Wear」

とある猫耳ヘッドホンがIndiegogoでプロジェクト開始しました。25万ドル(約3000万円)を目標にした猫耳ヘッドホンは最終的に4億円以上もの資金を獲得しました。2015年に入ってからは早くも一般販売の噂が出るなど、その注目は非常に大きい。

Pocket

4億円を集めた猫耳ヘッドホン「Axent Wear」

Related Post

2014年11月にとある猫耳ヘッドホンがIndiegogoでプロジェクト開始しました。25万ドル(約3000万円)を目標にした猫耳ヘッドホンは最終的に4億円以上もの資金を獲得しました。2015年に入ってからは早くも一般販売の噂が出るなど、その注目は非常に大きいものでした。

しかし、この人気に応えるため、機能のグレードアップなどもあり製造は遅れている模様。また、最近の状況についても情報が出てきていません。ここでは、もう一度このAxent   Wearのおさらいをしてみましょう。

猫耳ヘッドホン Axent Wearとは

Axent Wearはカルフォルニア大学バークレー校の学生、Wenqing YanとVictoria Huによって創設されました。彼らは芸術と創造的な技術に大きな情熱を持っていたそうです。Wenqingは何となく勝手気ままにアニメを作っているときに猫耳ヘッドホンのデザインを思いつきました。このヘッドホンは、猫耳にスピーカーがついているので、友人や家族と音楽を共有することができます。また、音楽は多くの人が聴くものなので、世の中に与えるインパクトも大きいです。彼らは、このような考えで機能とデザイン性を両立させた完璧なヘッドホンを設計しました。

彼らは単なるラクガキから実物のプロトタイプ作成まで休む暇もなく1年を過ごしてきたそうです。多くの支援のお蔭でプロトタイプを製品レベルまで成熟させることができ、今後は皆さんの手元に届けるために最大限の努力をすると述べています。

20141010152224-Headphones_info2

猫耳ヘッドホンの価格と機能

ベーシックなモデルは150ドル(約1万8000円)です。ヘッドホンにはLEDライトがないぞうしており、色は青、赤、緑、紫の4種類があります。猫耳にはスピーカーが付いており、周りの人と音楽を共有することもできます。ゲーム用にマイクも付いていますが、このスピーカーとマイクはスイッチでオンオフ可能となっています。この150ドルは税金も配送料も含まれています。更に関税も含まれているので、日本国内でも150ドルです。

525ドル(約6万4500円)支払うと4色全部を購入できます。この場合は25ドル(約3000円)お得です。全色保有しても良いですし、友達や家族にプレゼントしてもオッケーです。

2000ドルと1万ドルの特別バージョン

自分好みの色を指定して自分だけのヘッドホンを手に入れることができます。価格は2000ドル(約24万8千円)です。更に1万ドル(約124万円)のバージョンもあります。LEDライトは様々な色に点灯し、ヘッドホンデザイナーがあなたの名前を刻印してくれます。

ヘッドホンでこの価格はあまりに高額ではないかという問い合わせがあるそうですが、これらのバージョンは手厚い支援者向けであり、寄付の要素が多分に含まれているバージョンだそうです。

プロジェクトの結果は?

当初ヘッドホンの生産に必要な資金は25万ドル(約3100万円)としていました。これは製品の型取りから製造、梱包及び配送料を含んでいます。しかし、実際には4億円を超える資金が集まりました。

あまりの好評ぶりに、途中からアップグレードの告知がなされました。当時、もし1.5百万ドル(約1億8600億円)以上の資金が集まった場合、内蔵マイクを取り外し可能なマイクにアップグレードすると伝えられました。これにより、ゲームや通話ができるようになりますし、持ち運びも便利になりました。ちなみに、無線やBluetoothの問い合わせもあったそうですが、それは検討対象に入っていなかったそうです。というのも、彼らの調査ではあまり需要がなく、それよりもイヤークッションの着け心地のほうが大事だったとのこと。あとは損傷しても取り替えることができる取り外し型のコードやゲーム用のマイクの需要が多かったそうです。

 

国内でも話題となった猫耳スピーカー。一般販売開始の噂が先走っていましたが、まだ手元に届いたという話はあまり聞きません。人々の手に渡りはじめる頃、再びこの猫耳ヘッドホンが話題になるのかもしれません。

Pocket

Posted in Crowd Funding